コマンド-D

「LINE」返信が遅れた時の言い訳5つ

LINEの返信が遅れた

LINEやメールを返信するのを忘れてしまった・・・。誰しも経験した事があるであろう出来事ですが、皆さんはそんな時にどのような対処をしているだろうか?

返信を待っている相手は待ちくたびれてまるで散りかけの花のように萎んでいるかも。そんな一大事に上手く対処するために、この記事では「LINEの返信が遅れてしまった時の言い訳」をいくつか挙げていこうと思います。


見ていない。は通用しない


メールが主流であった時代には「メールを見るのを忘れていた」の一点張りでなんとかその場はしのげたのですが、ご存知LINEには「既読機能」といった便利なようで便利でないかもしれない機能が標準でついています。

既読機能をご存知ない方のために一応説明しておきますが、相手が送ってきたメッセージをコチラの端末で一度でも開いてしまうと相手側に「向こうの人はあなたのメッセージを確認しましたでー」と通知してくれるサービスです。

要するに見ていない事にはできないのです。


仕事が忙しかった


LINEの返信を一日程度遅れてしまった時に有効な言い訳が「仕事が忙しかった」と言うこと。会社勤めで普段から忙しいイメージがある人にとってこれほど都合の良い言い訳はないでしょう。

ただし、週末に仕事が休みでない状況の時は使う事ができないので気をつけましょう。

平日で返信するのを忘れていた時は「最近残業ばかりで忙しいなー」とフォローを入れておく事で信憑性をより一層増す事でしょう。相手も忙しい社会人であればなおさらです。


送ったつもりだった


「自分はしっかり返信用のメッセージを打ち込んで返信したんだ・・・けど送信に失敗していたみたい。」とあながちあり得なくはない事態を伝える事で相手を納得させる方法です。

実際にLINEでは送信した後に「エラー」となり送信が正常に行われない事があります。主に電波状況によるものだと考えられますが、決してあり得ない事ではないのですね。

何度も使う事はできない言い訳ですが、一回きりの使用は問題ないでしょう。


LINEの調子がおかしかった


これ、僕はもっとも多用する言い訳です。

そもそもLINEが調子悪いなんてのは個人レベルでは起こるものではないでしょうが、特にスマホアプリに興味のないであろう人は何の疑いもなく信じてしまうもの。

「LINEが調子悪くて開けなかったんだよ」と言っておくだけでオッケーです。少し疑り深い人には「スマホのversionが古くてさー、今のLINEとの相性が云々・・・」とそれらしい事をいってごまかしましょう。


完全に忘れていた


言い訳というよりも謝罪に近い方法ですが、素直に返信を忘れていた事を伝える方法です。これなら相手も「仕方ないな」と応じるしかありませんし、要らぬ信頼関係の亀裂を作る原因を排除する事ができます。

一刻を争うような大事なメッセージであれば逆効果かもしれませんが、他愛のない話であればそう深く考える事もないでしょう。ごめん。と伝える事も忘れずに!


スマホを失くしてしまった


最終奥義です。

「スマホそのものを失くしてしまって返信できなかった」と言い訳です方法なのですが、1日2日返信が遅れた程度で使ってしまうのはリスクが大きいので1週間とか2週間とか。とにかく長らく返信を忘れていてどうしようもない状態の時のみ、この言い訳を使うようにしましょう。

ただし、SNSを頻繁に投稿している人は一瞬にして嘘のメッキが剥がれてしまう事にも成りかねませんので注意しておきましょう。


まとめ


LINEの返信ってどうしても遅れてしまいがちなものなんですよね。後ででいいや・・・を繰り返している内に時間は経過していき、最終的に返信しようにもできない状態に。

そうなれば人間関係そのものが壊れてしまうので、できる限りマメに返信する事が重要ですね。LINEに関してはスタンプ機能があるので、返信の内容に困った時はとにかくスタンプで誤魔化すのもありですね。

たかがLINE、されどLINE。連絡をとるためのツールが人間関係を壊すリスクを秘めているとは。現代社会は恐ろしい・・・。

関連する記事

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top