コマンド-D

「自動車免許」AT(オートマ)か MT(マニュアル)のどちらを取得するべきなのか?

免許取得

18歳になり一定の基準をクリアできれば誰でも取得する権利がある「自動車免許」ですが、その種類は2種類に分類されていまして、AT(オートマ限定免許)とMT(マニュアル免許)が存在します。

どちらを選ぶかによって運転する事のできる車の種類が制限されるのでありますが、正直な所両者の違いってものを理解していない人も多いんではないでしょうか?どちらを取得すれば良いのか分からない人も少なくはないはず。

そこで今回の記事では、AT免許とMT免許の違いと、どちらを取得するのが正解なのか?にスポットライトを当ててお話していこうと思います。


AT(オートマ)とは?


さて、2種類存在する自動車免許ですが、どちらかと言えば操作が簡単で初心者向けな自動車は「AT車」です。後述しますがMT車のように自分でシフトチェンジをしなくて良いので、とにかく簡単に車を運転したい人はAT車を選ぶべきでしょう。

世の中に出回っている自家用車のほとんどはAT車であり、よほどの車好きか、MT車の力強いパワーに重点を置いている人以外はもはやMT車を選ぶ意味はないでしょう。


操作方法はとても簡単で、P(パーキング)、N(ニュートラル)にシフトを合わせればアクセルを踏んでも車は発進する事ができなくなります。主に駐車する際や信号待ちで使います。

反対に発進する時はD(ドライブ)にシフトを合わせればアクセルを踏む事で車が加速していきます。

注意したいのはAT車にはクリープ現象と呼ばれる現象があり、D(ドライブ)にシフトを入れればアクセルを踏まなくても若干加速するようになっていまうのでDに入れている時は必ずブレーキを踏んでおきましょう。


MT(マニュアル)とは?


AT車とは違い、シフトの操作を手動で行わなくてはならないのがMT車の特徴です。AT車では意図せずに自動的にギアが変更され、アクセルを踏む度車の速度がグングン上昇していく事になりますが、MT車ではそうはいかず、速度に合わせてギアを入れ替えてあげる必要があるのです。

好きなタイミングでギアを変更できる事で自動車の操作感を感じる事ができますし、AT車に比べパワーが違うといった特徴もあります。

主にスポーツカーやトラックに装備されている事が多いです。逆に自家用車には見られないものです。


操作方法はAT車に比べると難易度は上がりますが、慣れれば問題ないレベルのものです。渋滞の時はギアを度々変更しなくてはならなくなり多少ストレスが溜まる事になりますね。

MT車は速度の上昇と共にギアを変更しなくてはならず、車種によりますが1速〜5速の間が一般的なものです。配置も車種によって様々ですが、大体は下の画像のような配置になっている事でしょう。Rはバックギアです。

シフトレバー

足元左にクラッチがついているので、クラッチを踏んでからギアを変更する事が必要となります。クラッチを踏まずにギアを変更しようとしても入る事はありませんのでご注意を!


AT免許かMT免許か


さてさて、前置きが少し長くなってしまいましたがそろそろ本題に入っていきましょう。

ATもMTもそれぞれ特徴があるのはなんとなく分かって頂けたとは思いますが、要は自分に必要である車の種類を考えれば言わずとも答えはでてきます。まずはどのような状況で車を利用するのかを考え、答えを導いてみましょう。


では、AT、MTを分けて説明していきます。


MT免許を取得したほうが良い人


さて、一見いらないようにも感じれる「MT免許」ですが、場面によれば必要になる可能性も多々あります。ちなみに僕はMTで免許を取りました。(※重要MT免許を取得すればATも運転できます。

18歳となれば高校生か大学生で未来の事はよく分からないかもしれませんが、仕事をする環境によればMT免許は必須となる場合もあります。実際求人にMT免許がいる旨が書いてある場合も。

トラックを運転する機会がある仕事だったり、車屋さんで車を動かさなくてはならなかったり。まぁ考えれば沢山ある訳で、MT免許って意外と必要な免許でもあるのです。

足がわりに車を購入し運転する限りでは確実に不必要なMT免許ではありますが、先を見越して取得しておくのも良いかもしれませんね!

僕自身感じたMT免許のメリットは「引っ越しの時トラックを運転できた」という点。もちろんATのトラックもありますが、パワーがとても弱く多くの荷物を載せて走るには不安がありますので、やはりMTのほうが良いです。


MT免許はAT免許に比べて教習時間も長いですし、料金も数万円高くなる感じなので、そこらへんも考慮して考える必要がありますね!


AT免許を取得したほうが良い人


結論を言え、前述した「MT免許」に該当しない人はAT限定免許でも全く問題はありません。足代わりとして軽自動車に乗るだとか、趣味用や家庭用にミニバンに乗るだとか・・・。その用途にMT免許は必要ありませんからね。

そのような人は迷わず「AT免許」一択です。料金も安いですしね!

極論を言えば、MT車に乗る機会ができたのであれば、比較的簡単な手続きと数万円の料金で切り替える事も可能ですので、とりあえずAT免許をとって必要になればMTをつける。的なスタンスでもなんの問題もないでしょう。


まとめ


結論を言ってしまえば、時間が立つにつれて「MT免許」の必要性がなくなってきているように感じます。僕がMT免許をとった理由なんて「AT限定ってなんかかっこ悪い」という思春期真っ盛りな理由でしたからね。

ATかMTで迷っている人の背中を押してみますが、「まぁAT限定持ってれば大丈夫!」て事!詰まる話、免許をとって8年(20万キロは運転しています)の僕がMT免許が必要だったのはたった3回程度だけ。

答えでてますよね!笑

関連する記事

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top